2018年03月13日

いわぬま ひつじ村で

 火曜日のブログ担当は『ハタ坊』です

昨日” いわぬま ひつじ村 ”という場所を訪れました。

ネットを見てドッグランが有る事を知り 近場で 愛犬を連れて

行けるのに都合が良いと思い どのような施設環境知るべく

行って来た次第です(今月いっぱいは利用料タダ!!)

その場所は、震災後の沿岸整備事業の一環で岩沼市が運営していて

広大な埋め立て整備地に 簡素な柵で囲っただけの施設でして  

最寄りのスペースには羊が数頭放牧されていて それで《ひつじ村》と  

名付けられたようです。

平日の午前早めにお邪魔したせいか 他に連れて来ている人(犬)もなく

犬と遊ぶのが苦手な我が愛犬にとっては意心地良かったのではないでしょうか…(笑)

特筆すべきは ドッグランのスペース砂場にはいまでも瓦礫片が発生していて

スタッフが処理しても処理しても出てくるようで 利用者にも気付いたら拾って欲しい

という張り紙が掲げられている点です  たしかに注意深くドッグランスペースに目を配ると

ガラス片や金属片などがちょこちょこ転がってるのがわかります   その上を犬が走り回ったら

ケガしてします恐れがあります  見つけては拾いを繰り返していたら 犬はほっといて

瓦礫片拾いに夢中になってしましました  これから施設利用する犬たちのためになるわけで

大きく解釈すれば復興作業のお手伝いの一つかななんて… 最初はいいきになってたのですが

ガラスくずを見ていたら こんななてしまっているけど 震災にあっていなかったら、どこか

一軒家の居間に設置されていたガラスだったんかなぁとか、 愛車のフロントガラスだったん

かなあ…とかイメージを膨らませたら ”瓦礫”という呼称でひとくくりにするのは 申し訳ない

気分になりました   震災が来る前は間違いなく日常生活を支えてくれていたモノの一部で

あったわけです。  最初から 瓦礫だったわけじゃありませんよね



あの震災の日から7年が経過しましたが 今も影響が様々続いているのが現実…

ほんの一旦ですけど こんな所でも実感できる出来事のひとつでした

ちなみに 我が愛犬は、そんな瓦礫片に目もくれず 楽しそうに一匹で走り回っておりました

(その点は メデタシ メデタシ)

また 機会みつけてお邪魔してみようと思いました



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

はじめての方へのお知らせ!
あらまき整体へのご来店がはじめての方は、
ご来店の際に「あらまき整体ブログを見た」とおっしゃって下さい。
下記の整体各コースを540円引きにいたします。



あらまき整体ホームページはこちら

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



Posted by あらまき整体 at 11:58│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
いわぬま ひつじ村で
    コメント(0)